治療終了後に

交通事故が発生し解決するまでには示談交渉を行い支払いが行われて解決ということになりますが、ここで大変なことになってくるのが示談交渉です。スムーズにいくこともあれば時には紛争処理センターや裁判などが必要となってくるようなこともあります。とはいってもまずはきちんと治療を行い治療が終了したら示談交渉へ入ることになります。

中には相手の自動車保険会社の方で治療中から示談交渉を行いたい意向を示してくるようなこともありますが、そもそもどのくらいの治療が必要となったのかなどが確定していないうちに交渉を行うのはおかしな話ですからこれはきちんと断る必要があります。

こういったことも考えると治療中から弁護士にお願いしておくと安心です。どうしてよいのか判断ができないようなことでも弁護士がいればそちらに相談し対応してもらうことができますし、治療が終了し、示談交渉が始まった場合にも適正な金額を表示してもらうことができますから安心して治療に専念します。示談交渉ももちろん弁護士の助けを借りて行うことができますから解決まで心強い味方となります。示談交渉で必要となってくる書類などの記載でも安心です。

参考資料〔交通事故から示談成立までの流れ – 交通事故被害者救済サイト

示談交渉がうまくいかない場合には紛争処理センターや裁判ということになりますが、ここでも弁護士はプロですからきちんと妥当な交渉を行うことができます。示談金が決まり支払いがおこなれたら解決ということになります。