交通事故どうする?

交通事故が発生した場合にはまずはどのようなことをおこなったらよいのかなかなか落ち着いて考えることができないのが現実となりますが、まずは警察に連絡することが必要となります。時にはその場でお互いに体にけがなどないということで解決してしまおうということもありますが、その時には体はなんともないと思ってもその後症状が現れるということも十分に考えることができますから、必ず警察に連絡を行うようにすることが大事なことになってきます。

仮にその場で相手から示談にしたいということで話しをしてしまうとその後症状が現れてとてもその時に決めた示談金では治療費が間に合わないということになっても後のまつりということもありますからここはしっかりしておきたいポイントなります。

それと同じように重要なのが病院で審査を受けることです。自分では何も異常はないと思っても必ず受診しておくことで後のトラブルを防ぐことができます。怪我などがあり治療が必要となった場合には示談金などのことをその後の話しとなってきますから治療に専念することを考えます。まずはきちんと治療を行いすべての治療が終了した段階で示談交渉が始まることになります。後遺症があるような場合には後遺症の等級が決まった段階から示談交渉に入ることになりますから焦る必要はまったくありません。治療中の費用に関しては相手の保険の方で面倒を見てもらうことができる場合ものありますからそのあたりは相談してみるとよいでしょう。

また、治療を受ける際には健康保険を利用することになります。自由診療で利用する必要はありませんから健康保険を適用させます。通勤途中や仕事中という場合には労災保険が適用となってきますからそのことを医療機関のに申し出ます。